スイーツ
Patisserie Yu Sasage
ル レクチエのタルト ショーケース 外観
新潟出身のパティシエが奏でる、食材のマリアージュ。

店名は「ユウササゲ」。新潟県三条市出身の捧雄介(ささげゆうすけ)シェフのその名の通りのオーナーパティスリー。ルコント、オテル・ド・ミクニなど名だたる名店で修業を積み、2013年4月に待望の自店を開業した。その当初からスイーツ党のみならずメディアからも注目されている実力店だ。本格的なフランス菓子をつくる地力がありながらも、フランセーズにとどまらず、“捧イズム”がお菓子に現れる。そのアイデンティティはズバリ"優しさ"。それは素材の使い方だったり、味わいだったりとお菓子の随所に顔を出す。
今回、彼が注目した西洋梨の「ル レクチエ」は、国内では新潟市白根地区が発祥といわれ、新潟県を代表する特産果物として飲食業界各方面から注目されています。生産が難しく、熟成した果肉の甘く上品な薫りと口どけは、他の品種や産地では見いだせません。捧シェフはそんな「ル レクチエ」を焼き込んだタルト生地に合わせ、「ル レクチエ」のねっとりみずみずしい果肉と、バターが香ばしいザクっとしたタルト生地とのマリアージュが、切ないまでに甘く優しく時と私を満たしてくれます。

パティシエ 捧 雄介 哲也

パティシエ
捧 雄介

1977年生まれ 新潟県三条市出身。「ルコント」で正統派フランス菓子を約4年間修業。その後、イタリアンレストラン「アロマクラシコ」、「アロマフレスカ」でイタリアンのドルチェを学び、再びパティスリーへ。「ロワゾー・ド・リヨン」でスーシェフ、シェフパティシエを務めた後、2010年1月に「プレジール」シェフに就任。2013年、自身がオーナーパティシエを務めるPatisserie Yu Sasageをオープン。

食レポーター スイーツ番長

食レポーター
スイーツ番長

強面のルックスとスイーツのギャップ、見識の深さ、個性的な文体と美しい写真による独自のスイーツ評、そしてライフスタイルが耳目を集め、テレビ、ラジオ、新聞雑誌、WEBコンテンツ、ソーシャルメディアなどでも活躍。
著書に「男のパフェ」、「スイーツ番長の至高の10大スイーツ」、「手みやげスイーツ100選」など。

提供月
提供月
アクセス・お問合せ
TEL:03-5315-9090
住所:東京都世田谷区南烏山6-28-13
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜
URL:http://ameblo.jp/patisserieyusasage2013/